About Natsumi Sato

はじめまして。私の名前はNatsumi Satoと言います。普段は会社員をして、空いた時間にイラストレーターの仕事をしています。横浜に住み、螢という名前の猫を飼っています。

好きなものは美しいと思うものを鑑賞したり、描いたりすること。また、読書…特にELLEやVOGUE、Harper’s BAZAAR等の記事を読み、さまざまな国のさまざまな立場にいる女性たちの意見を知る事が好きです。海外旅行や留学もせずに1,000円程で世界の女性達とつながることができるから、私にとっては世界旅行へ行くよりもずっと有意義な時間です。特に先進的な考えを持つ著名人などの記事は何度も読み返したりしています。

また、執筆も好きです。以前は漫画も描いていたりしました。ですが執筆は人より数倍もの時間がかかるし、漫画はやめました。会話も得意とは言えません。
なぜなら私は、数年前に交通事故に遭い頭部に損傷を負ったからです。その事故で言語機能にハンディキャップを負うことになり、以前とは異なる生活を送ることになりました。ですがそのことに対して悲観はしてません。リハビリをしながらも、持ち得た力を使って豊かな生活を送っているつもりです。(言語が不自由な分、それ以外のことに(絵に)集中できるから!)

私にとって描画は最高にエキサイティングです。また日々変化をもたらします。
それぞれの対象物によって私の感性とそれとが融合し、絵に反映されます。描く対象物は毎回全く異なるものだし、その対象への思いや依頼者の思い描くかたちを融合させるのだから、出来上がりは想像もつきません。
だから対象物の持つ美しさを最大限に映し出すという作業は(真っ白なキャンパスに向かう勇気も必要だけれど)私にとって冒険のようなものです。

絵で表現したいことはそのものが持つ美しさです。服のドレープや模様、フォルム、陰影や色彩、線による躍動感、服を引き立たせるポージング…オートクチュールのドレスでなく未完成のものでも、そのものが持つ美しさを最大限に引き出すことを最も大切にしています。

もっと美しい絵と出会いたい。
キャンパスの中を旅する気持ちで、新たな境地へ…

Back To Top